【ぶっちゃけ話】フリーランスになるのにプログラミングはコスパ悪すぎです。

プロフィール

 
こんにちは!たみーです!
 
 
『プログラミングでフリーランスになる』
 
 
僕だけでしょうか?
 
 
ブログやYouTubeなどのメディアで
プログラミング学べばフリーランスになれると
洗脳されていたのは。
 
 

 
 
いやおそらく副業で稼ぎたい人なら
誰しもこう思うのではないでしょうか?
 
 
『プログラミングなら手堅い』
『1年〜2年でフリーランスになれる』
『案件受ければ副業でも月5万円稼げる』
 
 
こんな思い込みがありませんか。
 
 

 
 
こんな間違った思い込みがあるから
ぼくのところにも
数多くの勘違いな質問が大量に来ます。
 
 
『フリーランスになるには
 プログラミングが一番いいですよね?』
 
『フリーランスエンジニアになるには
 どうしたらいいんですか?』
 
 
などなど。
 
 

 
 
プログラミング学んでいけば
割と簡単に稼げると思い込んでいるから
ウンザリしてしまいます。
 
 
ハッキリ言います。
 
 
プログラミングで副業で稼ぐ、
あるいはフリーランスになるには
あなたの想像の50倍は難しいです。
 
 

 
 
おそらくあなたは今
すごくショックを受けているか
信じられないと思っていると想像します。
 
 
その気持ち、すごくよく分かります。
 
 
なぜならぼく自身も昔、
初めてこの話を聞いたときは
とても信じられなかったので。
 
 
でも冷静になると
論理的に考えてそうだな
というものばかりでした。
 
 
プログラミングでフリーランスは
なぜコスパ悪すぎなのか、
という話を今日は書いていきます。
 
 

 
 
プログラミングをやっている方も
ここで耳を塞ぐのではなく
 
 
今回の記事で新しい視点を持って
すこしでも前進してみませんか?
 
 
この記事すら見ずに勘違いしたままでは
結果的に時間をムダにしてしまいます。
 
 
正しい方向に進んでいると思っていたのに
1年後にそれが間違いだったと気づくので。
 
 
絶対にショックで立ち直れません。
 
 

 
 
個人で稼ぎたいという思いすら
失せてしまうことでしょう。
 
 
けっきょく不本意な現状からは逃れられず
一生サラリーマンのまま過ごします。
 
 
満員電車、嫌な人間関係、低すぎる給料…
不満だらけでも我慢するしかなくなります。
 
 

 
 
そうして我慢ばかりして年老いていき
やがて体力もおとろえていきます。
 
 
体も不自由になったときにこう思います。
「あのときもっとこうしておけば…」と。
 
 

 
 
これは本当に起こりうる話なのです。
こんな風になるのはイヤですよね?
 
 
イヤならここで
視野を広げておきましょう。
 
 
今回の話を学べば
個人で稼いでいく効率が爆上がりします。

 
 
自分が学んだ全てのことを
お金を稼ぐネタに変えるので
収益も自然と右肩上がりに伸びていきます。
 
 
それで念願の脱サラを果たします。
もう明日から会社に行かなくていいのです。
 
 

 
 
こんなに幸せなことはないでしょう。
自宅でぬくぬく温まりながら
大好きな漫画を1日中読めちゃいます。
 
 

 
 
知っているか知らないかだけで
こんな風に人生を大きく左右します。
そのぐらい重要な内容なのです。
 
 
逆に言うと本質を突きすぎているので
ショックを受ける方もいるかもしれません。
 
 
なので固定概念を外せる覚悟のない方
ここでそっとページを閉じてください。
 
 

 
 
覚悟のある方のみ
この先をお読みください。
 
 
 
 

コスパが悪い4つの理由

 
 
プログラミングだと
コスパが悪い理由を列挙すると
以下の通りです。
 
 
①自社開発企業への就職だけでも相当ハード
”名ばかりフリーランス”がほとんど
③案件がめちゃくちゃ取りづらい
④結局ずっと労働
 
 
どれも僕がいたプログラミングスクールや
知り合いのエンジニアからきいたことなので
間違いないかと思います。
 
 
順番に解説していきます。
 
 
 

①自社開発企業への就職だけでも相当ハード

 
 

 
 
プログラミングでフリーランスを目指すには
当然ながらハイレベルなスキルが必要です。
 
 
そのためにはスキルアップできる
自社開発企業に就職するのが必須です。
 
 
ただ基本的にこの自社開発企業は
実務経験がある人を求めています。
 
 
なぜならIT業界は人材の移動が激しいからです。
未経験の人をイチから育てるよりも
経験豊富なエンジニアを採った方が早いので。
 
 
ぼくがスクールで聞いた話ですと、
実際に転職を成功させる人の中でも
自社開発企業に行けるのは1〜2割だそうです。
 
 

 
 
若いならまだ可能性はありますが
当時のぼくみたいに20代後半ともなれば
可能性はさらに低くなると思います。
 
 
仮に自社開発企業に就職できても
フリーランスになるのに
短くても3〜5年はかかります。
 
 
しかもその期間も会社で働きつつ
平日は22時まで自学習して
土日は勉強会に参加するという生活です。
 
 
ぼくはこの話をきいて
「けっきょく社畜奴隷なんだな」
純粋に思いました。
 
 
 

②”名ばかりフリーランス”がほとんど

 
 

 
 
ではそこまでしてスキルアップした後に
どのようにフリーランスになるかというと
”フリーランスエージェント”に登録します。
 
 
企業も個人もたくさん登録していて
お互いに条件がマッチしたら
個人が企業から仕事をもらいます。
 
 
ただしここに落とし穴があります。
 
 
ぼくが知り合いのエンジニアから
聞いた話によると、ここでもらえる仕事は
約9割が”常駐型”の仕事なのです。
 
 
つまり客先の企業に出社して
そこの社員と同じようにオフィスで仕事します。
これって会社員と何も変わらないのです。
 
 

 
 
なので「フリーランス=フルリモート」
とイメージしている人にとっては
ギャップがあるかもしれませんね。
 
 
あとは確かに単価は高めかもしれませんが
個人でやっているので責任重大です。
トラブルがあれば徹夜で対応します。
 
 
さらに契約期間が終われば仕事はなくなります。
次の仕事がすぐ見つかるとも限らないので
無収入の期間が続くこともあります。
 
 
要するに働き方としては会社員と近い上に
会社員より大変なことも多いですね。
 
 
 

③案件がめちゃくちゃ取りづらい

 
 

 
 
プログラミング初心者の最初の目標は
「クラウドソーシングサイトで案件を取る」
という風によく言われますよね。
 
 
ただこの案件を取るのが
とにかくめちゃくちゃ難しいのです。
 
 
(僕も挑戦したことありますが
 結局取れませんでした…笑)
 
 
今はプログラミングの需要が高い
と言われますが、それは
優秀なエンジニアに限った話です。
 
 

 
 
初心者の需要は飽和しています。
なぜならみんな同じことを考えるから。
数十件応募して1件取れるかどうかです。
 
 
1件1件丁寧に提案文を書いたのに
連続で落とされていくのです。
これは精神的にキツかったですね…
 
 
サイトにはハイレベルなエンジニアも
たくさん登録しているので
「競争に勝つの無理でしょ」と思いました…
 
 

 
 
万が一案件を取れたとしても
単価は全く割に合いません。
そしてこれにはちゃんと理由があります。
 
 
依頼する側の立場で考えてみてください。
重要な部分のプログラミングを
未経験の初心者に任せたいと思いますか?
 
 
任せたくないですよね。
だから必然的に誰でもできるような
枝葉の部分の案件ばかりになるのです。
 
 
仮に重要な部分の案件があったとしても
それは何回も外注されたものなので
単価はめちゃくちゃ低いです。
 
 
ですので個人的に”副業で月5万円”は
幻想だと思っているほどです。
 
 
 

④結局ずっと労働

 
 

 
 
究極言えばここに尽きます。
プログラミングスキルだけでは
労働からは抜け出せません。
 
 
仮にフリーランスになることができても
1で受けた仕事を10にして返す作業の繰り返し。
自分の手元に資産は残りません。
 
 
つまり0→1で仕事を生み出せないのです。
 
 
あえて悪く言うなら
「一生他人の事業のお手伝いをする」
ということになります。
 
 
仮に個人でアプリやWebサービスを開発しても
お客さんを集められないですし
お金を取るところまでもっていけないです。
 
 

 
 
だからフリーランスという言葉でイメージする
『自動的にお金が入ってくる状態』
というのはまずありえないですね。
 
 
 
 

コスパ悪い理由まとめと対処法

 
 
プログラミングだと
コスパが悪い理由をまとめると
以下のようになります。
 
 
・就職だけでもすごく大変
・会社員とほとんど変わらないしむしろ大変
・案件取るのがめちゃくちゃ大変
・ずっと労働から抜け出せない
 
 
『それでも俺はプログラミングでやりたい』
と思うなら、相当長い期間の戦いになるので
覚悟しておいてください。
 
 
でもそこにかけるよりは
より戦略的に、独立するためのスキルを
学んでいく必要があります。
 
 

 
 
マネタイズするスキルは
プログラミングとは全く別物です。
それが『ビジネスの基礎』ですね。
 
 
ビジネスの基礎を学んでいないと
小手先のノウハウに踊らされたり
ずっと労働収入に頼ることになります。
 
 
個人で安定的に稼いでいきたい、
時間の余裕もほしい、
という方は必ず学ぶべき内容です。
 
 
その具体的な内容は
ここで説明すると長くなってしまいます。
なので他のブログ記事で解説していますし、
 

【ネットビジネス入門】脱サラも夢じゃない!東大卒がビジネスの基礎、教えちゃいます。
「ネットビジネスを始めたいけど、何から始めていいかわからない」「すでに始めているけど、これでいいか自信がない」という方必見の記事です。

 
 
ぼくの公式ラインでは
ビジネスの基礎を重視した内容を
アウトプット形式で配信しています。
 
 
友だち追加
 
 
どちらも必見の内容と
なっているので、この機会に
のぞいてみてはいかがでしょう。
 
 
 
 
 
ビジネスの基礎を学んで
実践していくことで
あなたの固定概念は一変します。
 
 

 
 
「プログラミングはこんなにコスパ悪いんだ」
 
 
と最後は笑えるようになります。
ぼくはスクールにまで入って
やっと気づいたわけですが…笑。
 
 
独立するためのスキルを学べば
最短で大きな利益を生み出し
いち早く脱サラすることができます。
 
 

 
 
もう人生我慢せずに済みます。
ずっとやりたかった趣味に熱中して
毎日が充実した生活を送れます。
 
 

 
 
「結局就職をはさむってなんかおかしいな」
「もう若くないしヤバイかも」
 
 
と思った方は
だまされたと思ってぼくの配信を
追ってみてください。
 
 
あなたの行動力で
理想の未来が手に入るかもしれません。
 
 
 
 
P.S.
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。
 
 
高学歴信仰→人生のドン底。
そこから脱サラを達成。
 
 
そんなぼくがビジネス初心者さん
に向けて情報配信をする、
 
 
【たみーの公式ライン】
 
 
が大好評です!400名突破!
無料で登録できるのでこの機会にぜひ!
 
 
友だち追加
 
 
公式ラインID→@760gqexr
(※”@”も忘れずに!)
 
 
<㊗️完全”個別”無料相談開始!>
 
 
登録者の方限定で、
ネットビジネスに関する
無料相談を受け付けています!
 
 
ぜひご活用ください!
 
 
※登録いただいただけでは
こちらから個人情報はわからない
ようになっています。